60s 70s 80s...音楽の旅<大人のためのミュージックステーション>

<大人のためのミュージックステーション>をサブタイトルとし、クラックロックやポップスのアルバム紹介を中心に 洋楽、邦楽問わず、さまざまな音楽情報をお伝えするサイトです。
 
 
最新記事
プロフィール

ho eric

Author:ho eric
音楽大好きおじさんが送る、音楽の旅です。ipodも好きですが、音楽はCDで聞こう、ジャケットを見ながらをもっとうにアルバムを紹介しています。


Powerd by 似顔絵イラストメーカー  

ブックマーク/お気に入り




  • 無料SEO

ご訪問ありがとうございます
ブログパーツUL5
洋楽 ランキング
楽天

音楽からゲーム、
そしてPCソフトまで
ダウロードファイル多数。

DVD CDレンタルがなんと50円!
iTunes Store
 iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
おすすめリンク
相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策
おすすめサイト、リンク集74
自動メール配信,web予約システム,予約管理システム
矯正歯科
矯正歯科
歯科 歯医者 武蔵野市 吉祥寺 八木歯科 審美歯科 予防歯科
移動動物園・ふれあい動物園
FX予想配信
廃車 廃車埼玉 廃車東京 廃車千葉 廃車買取
板金塗装,板金塗装 横浜,板金塗装 神奈川
不動産担保ローン
不動産担保ローン
矯正歯科
矯正歯科
矯正歯科
過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 借金相談 サラ金問題
過払い請求 自己破産 任意整理 特定調停 破産手続 大阪
結婚相談所
副業
水 ダイエット
パチンコ冬のソナタ
カジノオンネット
インペリアルカジノ
審美歯科
矯正歯科
東淀川マップ
FX比較,外国為替比較,FX初心者,デイトレ,スプレッド,スワップ
トランスファーファクター
包茎手術
がん検診
FX検証ドットコム
日経225先物
口コミ
消費者金融
ダイエット バストアップ サプリメント
コスチューム 通販 コスプレ 衣装
歯科矯正
歯列矯正を東京でするならシグマ矯正歯科
有料老人ホームを無料でご案内
キャッシング比較 キャッシング キャッシングローン
パッケージ 包装資材
ホームページ作成 初心者
アパマン
矯正歯科を東京で
歯列矯正なら
ホームページ作成 SEO対策
生きた証を残したい
江東区 歯科 歯医者
FXひまわり証券
ASOKK(アソック)
美健スタイル
副業 副収入 目指すは自宅で高収入
大東建託で部屋探しを!
川銘菓 和菓子通販の菓匠土門
いつも、こころに太陽を
副業 健康 副収入 副業も健
大分消化器科病院 消化器専門医
健康 副業 副収入 健康も副
有線放送|店舗向け資料請求
心のお目覚めサポート!
高級車の事ならOMC
オーダーメイド「詩入りアート
テレビで紹介されたDVD・CD
ビューティショップ カトリーヌ
わが家の天使 Nina
出会い系サイト
三重県 自動車の修理・整備・車検
ハードディスク交換ドットコム
かわいい通販コスメの紹介
はじめてのネットでお小遣い
ただの日記。
えんじぇるはうす
大分トリニータ大好き♪トリニ
バンキンスなどの布おむつ輸入
ウェブ江東区 森下の歯医者
超簡便HP作成ソフト
NPO法人教育支援協会連合会
和菓子の菓匠土門 手作り和菓子店
浮気調査の東京探偵
えっ!アフィリエイト初心者
通信講座の比較・情報ナビ
転職を支援する情報サイト
自動車保険の比較・メリット
ずっと綺麗でいたいネット
本だらけ生活
気になる商品
BAILEYS GALLERY
void blog
雑貨屋J-KASH.com
燃費向上グッズ通販店
美白・ホワイトニング専門通販
大量の再販商材売りまくり
Hawaiian喫茶ほくぶ停
池袋・私書箱アパルト
J-KASH.com格安ブランド
悠々自適生活
アスベストマスターへの道
激安ドリンク通販専門店 ~ド
楽しい、愛媛南予のページ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60s70s80s...音楽の旅 カーペンターズ 

70s80sPops...名盤 名曲  カーペンターズ


カーペンターズの登場です。もうみなさんもこぞんじですね、
誰もがしっているスーパーディオ70年代に大活躍したカーペンターズ。
私もこの時期ほんとうによく聴きました、アルバムもけっこう持っています。
今でも時々自分で作ったベスト盤なんかにいれてきいたりしています。

彼らは洋楽でありながら、日本人のこころのようなものになっていないでしょうか。
ちっとオーバーかな で、このアルバムは彼らの入門書のようなもので、たくさんのヒット曲がはいっています。
イエスタデイワンスモアトップオブザワールドオンリーイエスタデープリーズミスターボストマン
などなど、耳にした曲ばかりです。ほとんど歌えてしまうかたいるんじゃないかな。
あまり聴かないかたも耳にしたことありますよね。


とくに、トップオブザワールドはここ最近でもコマーシャルソングになっていましたよね。
たしか倉木麻衣が歌っていた洗剤だったかなあ、のコマーシャルと生命保険のコマーシャルもあったような・・・


デビューから最後のヒット曲までの20曲いり、ベスト盤
青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
(1995/11/10)
カーペンターズ

商品詳細を見る


デビュー以来、数々のヒット曲を世に送り出してきた“カーペンターズ”の歴史をインタビュー、
ミュージッククリップ、テレビ映像、レア・フッテージなど多方面に探るドキュメンタリー作品。
リメンバー・ザ・カーペンターズリメンバー・ザ・カーペンターズ
(1999/06/16)
カーペンターズ

商品詳細を見る






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事
スポンサーサイト

60s70s80s...音楽の旅 ジミ・ヘンドリクス  

60sRock... 名盤 名曲 ジミ・ヘンドリクス


忘れられないなあ、初めてジミヘンをビデオで見たときは、友達に見せられ衝撃をうけたというか、
なんだこれはというか、それまで少しはハードロック系は聴いていたりはしていたが、
歯でギターは弾くわ、アンプにギターをぶつけて壊すわ、燃やすわと、まあやるわやるわ、
というかんじでした。でも40年位前にこれをやっていたのだから本当にすごいね。

マジ、超ヤバイってかんじ。でも演奏能力、表現力、多彩なアイディアは
今聞いてもするどいなとおもいます。で、このアルバムは、彼らのデビューアルバムで
当時チャート2位まで上がったヒット作、1位はとれなかった。ちなみに1位はビートルズのSGT.ペパーズ。

曲はパープルヘイズ、ヘイジョー、フォクシーシディ、アーユーエクスペリアンス、などなど、
有名どころが収録されています。とにかく衝撃度と完成度をほこるデビューアルバムといったところです。

ア-・ユ-・エクスペリエンスト?ア-・ユ-・エクスペリエンスト?
(2000/12/13)
ジミ・ヘンドリックス

1. フォクシー・レディ
2. マニック・デプレッション
3. レッド・ハウス
4. キャン・ユー・シー・ミー?
5. ラヴ・オア・コンフュージョン
6. アイ・ドント・リヴ・トゥデイ
7. メイ・ディス・ビー・ラヴ
8. ファイア
9. サード・ストーン・フロム・ザ・サン
10. リメンバー
11. アー・ユー・エクスペリエンスト?
12. ヘイ・ジョー
13. ストーン・フリー
14. パープル・ヘイズ
15. フィフティ・ファースト・アニヴァーサリー
16. ジ・ウィンド・クライズ・メアリー
17. ハイウェイ・チャイル

商品詳細を見る



#1[パープル・ヘイズ]




#2[ファイヤー]





#3[ヘイ・ジョー]
 






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 1982年全米年間トップ10 

80sRock/Pops 名盤 名曲 全米年間トップ10


今回は、特別編第1弾  ビルボートの年間トップ10をビデオクリップと、
その曲が入っているアルバムを簡単に紹介します。

ビルボード Top Hits10 1982

No1 Quarterflash/ Harden My Heart


物悲しい哀愁あるSaxで始まるデビュー曲「Harden My Heart」がいきなり大ヒットで頂点に上り詰めたバンド 。

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(2002/09/21)
クォーターフラッシュ


1. ミスティ・ハート
2. ファインド・アナザー・フール
3. ライト・カインド・オブ・ラヴ
4. クリティカル・タイムズ
5. テイク・ミー・トゥ・ハート
6. テイク・アナザー・ピクチャー
7. ナイト・シフト
8. アイ・トゥ・アイ
9. トーク・トゥ・ミー
10. ドント・ビー・ロンリー
11. メイク・イット・シャイン
商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 







No2 ToTo/ Rosanna

グラミー賞で、レコード・オブ・ザ・イヤーやアルバム・オブ・ザ・イヤーといった主要部門も含む6部門を受賞。

TOTO IV~聖なる剣TOTO IV~聖なる剣
(2005/12/21)
TOTO

1. ロザーナ
2. メイク・ビリーヴ
3. ホールド・ユー・バック
4. グッド・フォー・ユー
5. イッツ・ア・フィーリング
6. アフレイド・オブ・ラヴ
7. ラヴァーズ・イン・ザ・ナイト
8. ウィ・メイド・イット
9. ユア・ラヴ
10. アフリカ
商品詳細を見る

<TOTOに関する記事はこちら>
ビテオクリップは、こちらから 


No3 The Alan Parsons Project/ Eye In The Sky

1976年にデビューしたイギリスのロック・バンド。アラン・パーソンズとエリック・ウルフソンの2人を中心として結成された。

Eye in the SkyEye in the Sky
(2007/03/20)
The Alan Parsons Project


1. Sirius
2. Eye In The Sky
3. Children Of The Moon A
4. Gemini
5. Silence And I
6. You're Gonna Get Your Fingers Burned
7. Psychobabble
8. Mammagamma (Instrumental)
9. Step By Step
10. Old And Wise
11. Sirius (Demo)
12. Old & Wise (Eric Woolfson guide vocal)
13. Any Other Day (Studio Demo)
14. Silence & I (Early version; Eric Woolfson guide vocal)
15. The Naked Eye
16. Eye Pieces (Classical Naked Eye)
商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No4 Laura Branigan/ Gloria

硬質なビブラートのかかる5オクターブのパワフルな歌声と大柄な体格を生かしたダイナミックなステージアクションで人気を博した。

BraniganBranigan
(1987/06/01)
Laura Branigan

1. All Night With Me
2. Gloria
3. Lovin' You Baby
4. Living a Lie
5. If You Loved Me
6. Please Stay, Go Away
7. I Wish We Could Be Alone
8. Down Like a Rock
9. Maybe I Love You
商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No5 Men At Work/ Who Can It Be Now

1982年に世界進出する。いきなり全米ナンバーワンヒットを放ち、グラミー賞最優秀新人賞にも輝いた。

Business as UsualBusiness as Usual
(2003/02/11)
Men at Work

1. Who Can It Be Now?
2. I Can See It In Your Eyes
3. Down Under
4. Underground
5. Helpless Automaton
6. People Just Love To Play With Words
7. Be Good Johnny
8. Touching The Untouchables
9. Catch A Star
10. Down By The Sea
11. Crazy Non (Bonus Track)
12. Underground (Live( (Bonus Track)
13. Who Can It Be Now? (Live)
14. F-19 (Bonus Track)

商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No6 Journy/ Open Arms

当初の邦題は「翼をひろげて」;ビルボードシングルチャート最高位2位(4週))

EscapeEscape
(2006/08/08)
Journey

1. Don't Stop Believin'
2. Stone in Love
3. Who's Crying Now
4. Keep on Runnin'
5. Still They Ride
6. Escape
7. Lay It Down
8. Dead or Alive
9. Mother, Father
10. Open Arms

商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No7 Rick Springfield/ Don't Talk To Strangers

オーストラリア出身のミュージシャンではあるが、そのルックスのよさを買われて俳優業もおこなう。

Success Hasn't Spoiled Me YetSuccess Hasn't Spoiled Me Yet
(2008/03/01)
Rick Springfield

1. Calling All Girls
2. I Get Excited
3. What Kind of Fool Am I?
4. Kristina
5. Tonight
6. Black Is Black
7. Don't Talk to Strangers
8. How Do You Talk to Girls
9. Still Crazy for You
10. American Girl
11. Just One Kiss
12. April 24, 1981
商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No8 Daryl Hall & John Oates/ Maneater

1982年12月18日付~1983年1月8日付、4週連続全米No.1、アルバムは15週連続全米3位、同年年間第4位、プラチナ・アルバム。この二人にとって最大の売り上げを記録した。

H2OH2O
(1990/10/25)
Hall & Oates

1. Maneater
2. Crime Pays
3. Art of Heartbreak
4. One on One
5. Open All Night
6. Family Man
7. Italian Girls
8. Guessing Games
9. Delayed Reaction
10. At Tension
11. Go Solo

商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No9 Joe Cocker & Jennifer Womes./Up Where We Belong

過度の飲酒で声をつぶした絞り出すようなハスキーボイスが特徴。
ジェニファー・ウォーンズとデュエットした映画「愛と青春の旅立ち」の主題歌。

Ultimate CollectionUltimate Collection
(2004/01/13)
Joe Cocker

1. With A Little Help From My Friends
2. Feelin' Alright
3. Delta Lady
4. She Came In Through The Bathroom Window
5. The Letter (Live)
6. Cry Me A River (Live)
7. You Are So Beautiful
8. I'm So Glad I'm Standing Here Today (w/The Crusaders)
9. Sweet Little Woman
10. Many Rivers To Cross
11. Up Where We Belong (Duet w/Jennifer Warnes)
12. Shelter Me
13. You Can Leave Your Hat On
14. Unchain My Heart (90s Version)
15. When The Night Comes
16. Now That The Magic Has Gone
17. Summer In The City
18. Have A Little Faith In Me
19. Sail Away
20. First We Take Manhattan

商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


No10 The J. Geils Band/ Centerfold

1981年発表のアルバム『フリーズ・フレイム』からシングルカットされた「堕ちた天使」は印象的なイントロのフレーズとセクシーなミュージックビデオが話題となり、6週間に渡って全米1位を記録する大ヒットとなった。

Freeze FrameFreeze Frame
(1990/10/25)
The J. Geils Band

1. Freeze-Frame
2. Rage in the Cage
3. Centerfold
4. Do You Remember When?
5. Insane, Insane Again
6. Flamethrower
7. River Blindness
8. Angel in Blue
9. Piss on the Wall

商品詳細を見る


ビテオクリップは、こちらから 


Billboard Top Hits: 1982Billboard Top Hits: 1982
(1992/09/15)
Various Artists

この年の全10曲入りのCD 商品詳細を見る






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

60s70s80s... 音楽の旅 マイケル・ジャクソン 

60s70s80s... 現在 名盤 名曲 マイケル・ジャクソン


マイケル・ジャクソンは、史上最も成功したエンターテイナーとして認定されている。
世界総売上げは7億5000万枚(2006年10月末現在)以上で
エルヴィス・プレスリーやザ・ビートルズと同様に、音楽界における歴史上の天才の一人とされています。

彼のキャリアはジャクソン5時代からすると、相当なものです。
とくにここに紹介するアルバム"Thriller"に関する記録は「6500万枚の世界最高枚数の売り上げ、
全米アルバムチャートでの最長期間首位37週という記録があります。

ここ近年は、いろいろと音楽以外でお騒がせではありますが、まだまだ健在のようすです。
今、売れている アルバム、エイティーズ・グラフィティ  にも彼の曲が2曲入っているようです。


スリラースリラー
(1991/07/25)
マイケル・ジャクソン

1. スタート・サムシング
2. ベイビー・ビー・マイン
3. ガール・イズ・マイン
4. スリラー
5. 今夜はビート・イット
6. ビリー・ジーン
7. ヒューマン・ネイチャー
8. P.Y.T
9. レディー・イン・マイ・ライフ

商品詳細を見る



#1[スリラー]


スリラーは、言わずとしれたマイケル・ジャクソンの代表曲。
レコード・CDとして歴史上最も多くの売り上げを記録した作品。
もちろん、米、英、日ともチャート1位、このPVは、当時衝撃的でしたね。
<スリラーオリジナルPVは、こちら>





#2[ビート・イット]


ビート・イットは、アルバム「スリラー」からの第3弾シングル。
エディ・ヴァン・ヘイレンとスティーヴ・ルカサーがギターで参加している
アメリカのビルボード誌では、1983年4月30日に週間ランキング第1位を獲得。
個人的にはスリラーより好きかな。





#3[ビリー・ジーン]


ビリー・ジーンは、第2弾シングル。ビルボード週間総合シングルチャートで7週連続1位。
ムーンウォークを初披露した曲。当時、これはやったなあ。
ムーンウォークをみんなまねして、でもなかなかうまくいかなかった記憶があります。









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 アバ(ABBA)  

70s80s... 名盤 名曲 アバ(ABBA)


ABBA(アバ)は、世界的なヒット曲で知られるスウェーデンのミュージシャン男女4人グループであります。
1970年代半ばから80年代初頭にかけて活躍しました。

1976年に『ダンシング・クイーン』が英米を含む全世界的にヒットし、その後「ザッツ・ミー」、
「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」「きらめきの序曲」、「チキチータ」、「ザ・ウィナー」
など活動を停止するまで世界的なヒット曲を連発した。

アルバム「ABBA ARRIVAL」はもちろんミリオンセラー、
チャートでは全米20位であったが日本ではオリコン3位まであがりました。
またオーストラリアは、『ダンシング・クイーン』がヒットするまで、
早くからABBAの人気に火が付いた地域でした。

サウンドは、口ずさみやすく、耳にのこる親しみやすいポップな旋律で美しいヴォーカルとコーラス。
このアルバムもそれが浮きだっています。

ArrivalArrival
(2002/01/18)
ABBA

1.When I Kissed The Teacher
2.Dancing Queen
3.My Love My Life
4.Dum Dum Diddle
5.Knowing Me Knowing You
6.Money Money Money
7.That's Me
8.Why Did It Have To Be Me
9.Tiger
10.Arrival
商品詳細を見る



『ダンシング・クイーン』


やはりアバといえばこの曲、「ザッツ・ミー」や「チキチータ」も好きですがやはりこれ、もちろん全米1位です。








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅  ホワイトスネイク 

70s80s...現在 名盤 名曲 ホワイトスネイク


ホワイトスネイクは、1977年 元ディープ・パープルのデヴィッド・カヴァーディル(ヴォーカル)が
発表したソロアルバムのタイトルをバンド名にして、翌年改めて編成された。
70年代は、ディープ・パープル時代の同僚らに他のメンバーを加え、ブルース色の強いハードロックで日本や、ヨーロッパでうけていたが、80年代に入りみごとアメリカで成功をおさめた。

ただメンバーチェンジが多く、デヴィッド・カヴァーディルを不動のフロントマンとし、ミュージシャンは
彼をサポートするという形をとっています。歴代のギタリストには有名どころがずらりと並んでいます。
70年代はけっこう不動だったのですが、形てきに最近もそうなっているようです。

サウンドは、80年代アメリカデビュー以降は、正当なメタルで、
それまでは、ブルース色のあるハードロックという感じです。


#1[ヒア・アイ・ゴー・アゲイン]


ヒア・アイ・ゴー・アゲインは、アメリカで大成功をおさめた曲、70年代の再録だが、こちらは前よりハードになりグレイトアップしている。またアルバムも全米で2位、800万枚以上を売り上げ、
(2007年までにアメリカだけでも1000万枚を超える)大成功をおさめる。



白蛇の紋章~サーペンス・アルバス(紙ジャケット仕様)白蛇の紋章~サーペンス・アルバス(紙ジャケット仕様)
(2008/04/23)
ホワイトスネイク

1 Crying In The Rain
2 Bad Boys
3 Still Of The Night
4 Here I Go Again
5 Give Me All Your Love
6 Is This Love
7 Children Of The Night
8 Straight For The Heart
9 Don't Turn Away
商品詳細を見る




#2[フール・フォー・ユア・ラヴィング]


これも自身のカバーで、なんといっても天才プレーヤーのスティーヴ・ヴァイが、加入した曲。
アルバムはいまいち不調だったが、スティーヴ・ヴァイとカヴァーディルのコラボを聴くのもいいかも。



スリップ・オブ・ザ・タング(紙ジャケット仕様)スリップ・オブ・ザ・タング(紙ジャケット仕様)
(2008/04/23)
ホワイトスネイク

1 Slip Of The Tongue
2 Cheap An' Nasty
3 Fool For Your Loving
4 Now You're Gone
5 Kitten's Got Claws
6 Wings Of The Storm
7 Deeper The Love
8 Judgement Day
9 Slow Poke Music
10 Sailing Ships
商品詳細を見る

<70年代のレア映像 ビートルズカヴァーデイ・トリッパーはここをクリック> 


#3[バーン]


バーンはご存知、ディープ・パープル時代のヒット曲、
2006年のライブでホワイトスネイクでは、初の演奏だったとか?
カヴァーディル自身は、あまり気がのらなかったが、
メンバーの強い要望により実現したという話。



グレイテスト・ヒッツ・ライヴ+4 NEW SONGSグレイテスト・ヒッツ・ライヴ+4 NEW SONGS
(2007/06/27)
ホワイトスネイク

商品詳細を見る







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s... 音楽の旅 ビリー・ジョエル 

70s80s... 現在 名盤 名曲 ビリー・ジョエル


このアルバム、ストレンジャーは、私にとってかなりお気に入りのひとつです。
発売から30年以上もたちますが、今も、時々きいています。

とくに、夜ひとりでゆっくり酒でものみながらきくのにはいいですね。
少し曲を紹介しますと、Movin` Out, Just The Way You Are, The Stranger などがあります。
Strangerなどは当時日本のみですが、シングルカットされて大ヒットしました。
今でも耳にすることがあるかもしれませんね。

で、私のいちばんのお奨めの曲は、上記の3曲とは違って、7曲目にはいっている
She`s Always Woman という曲です。これは、しっとりとメロディがきれいで気にいってます。
もし、よければきいてみてください。

ストレンジャーストレンジャー
(2006/04/19)
ビリー・ジョエル

1 Movin' Out (Anthony's Song) (03:30)
2 Stranger (05:10)
3 Just the Way You Are (04:50)
4 Scenes from an Italian Restaurant (07:37)
5 Vienna (03:34)
6 Only the Good Die Young (03:55)
7 She's Always a Woman (03:21)
8 Get It Right the First Time (03:57)
9 Everybody Has a Dream (09:08)
商品詳細を見る




#1[ストレンジャー] 

 

日本のみシングルカットの曲、オリコンで1978年2位を獲得。
イントロの口笛が印象的です。





#2[シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン]


シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマンは全米で17位のスマッシュヒット。
聞き込むと本当にいい曲です。





#3[素顔のままで(Just the Way You Are)]

 
素顔のままで(Just the Way You Are)は、グラミー賞(最優秀レコード賞)を受賞
無論、全米チャート1位を記録、ポップスのスタンダードですね。








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 クリストファークロス 

70s80s...現在 名盤 名曲 クリストファー・クロス


クリストファー・クロス1979年、アルバム『Christopher Cross』(邦題『南から来た男』)でデビュー。
AOR系ブームの立役者としてスターダムについたシンガーソングライターです。
出身はアメリカテキサス州で幼いころ(5歳から9歳まで)
父親の仕事の関係で日本にも滞在経験があります。
で、このアルバムは、1980年大ヒットしこの年のグラミー賞では
新人としては異例の評価を受け5部門を受賞しました。
サウンドは、メロウで甘い旋律、甲高いハスキーボイスがさえる
センチメンタルなバラードに酔わされます。あの大きな体からは想像できないです。
この中からは、3曲がシングルカットされ、
「風立ちぬ」「セイリング」「セイ・ユール・ビー・マイン」と、どれも大ヒットしました。



南から来た男南から来た男
(2006/07/26)
クリストファー・クロス

1 Say You'll Be Mine (02:53)
2 I Really Don't Know Anymore (03:49)
3 Spinning (03:59)
4 Never Be the Same (04:40)
5 Poor Shirley (04:20)
6 Ride Like the Wind (04:30)
7 Light Is On (04:07)
8 Sailing (04:14)
9 Minstrel Gigolo (06:00)  商品明細を見る



#1「風立ちぬ」(Ride Like the Wind)


「風立ちぬ」(Ride Like the Wind)は全米ヒットチャート2位の曲、アップテンポなポップナンバー。





#2「セイリング」


セイリングは、美しい曲。1980年のグラミー賞の5部門を独占。
この曲は、ビルボード(Billboard)誌で1980年8月30日に週間ランキング第1位を獲得。





#3「セイ・ユール・ビー・マイン」


セイ・ユール・ビー・マインは、全米20位を獲得、スマッシュヒットだが、
この中では、いちばん軽快な曲かな、個人的には好きです。








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 T・レックス 

70sRock... 名盤 名曲 T・レックス


T・レックスは、1968年にデビューした頃はアコースティック・ギターとヴォーカルの
マーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、
ティラノザウルス・レックスという、フォークロック・グループとして一部でカルト的な人気を誇った。
その後「T.Rex」とバンド名を短縮して4人組のバンドになり、
イギリスや日本で大成功をおさめます。ただアメリカでは、ぱっとしませんでした。
サウンドは、ストレートなブギ・リズムのロックでマーク・ボランのホットな歌声と、
シンプルなギターが個性的です。



T・レックスの短い全盛期をかざったのがこの1971年リリースの
【電気の武者(electric warrior)】であります。ここではゲット・イット・オンが有名です。

Electric WarriorElectric Warrior
(2001/12/18)
T. Rex

商品詳細を見る



[ゲット・イット・オン]





また1972年にはザ・スライダーを発売しヒットしました。これも名盤中の名盤。
リンゴ・スターが撮影したジャケットも話題を呼びました。
このなかではテレグラム・サムが有名、個人てきにはすきですね。

ザ・スライダーザ・スライダー
(2005/04/21)
T.レックス

商品詳細を見る



[テレグラム・サム]






もうひとつ73年にリリースされたシングル、「20thセンチュリー・ボーイ」は、
当時日本でレコーディングされたとか。
今話題の映画「20世紀少年」のテーマ曲になっていて、これはシングルになって発売されてます。
またコマーシャルソングにも何度となくつかわれていますね。

グレイト・ヒッツグレイト・ヒッツ
(2005/05/25)
T.レックス

商品詳細を見る




[20thセンチュリー・ボーイ]







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 マドンナ  

80sPops...現在 名盤 名曲  マドンナ


マドンナは、1983年デビュー。80年代に登場したもっとも、
センセーショナルな女性ポップシンガー。

懐かしいダンスポップなナンバーと弾力的なボイスは魅力的です。
1984年の大ヒット曲『ライク・ア・ヴァージン』を機にポピュラー音楽のチャートで
成功を収め、活動は音楽にだけに止まらず、レコード会社の設立、
映画や舞台への出演、2000年の『ギネスブック』では
「史上最も成功した女性アーテイスト」としても記録されました。


ライク・ア・ヴァージンライク・ア・ヴァージン
(2005/11/23)
マドンナ

商品詳細を見る


デビューアルバムはパットせず、2ndアルバムライク・ア・ヴァージンで
イメージを変えて大ヒットしました。
またこのアルバムからは、マテリアル・ガール、エンジェルなども相次いでヒット、
当時、このメロディやリズムがすごく新鮮だったようです。




[ライク・ア・ヴァージン]






[マテリアル・ガール]








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 クィーン  

70s80s...現在 名盤 名曲 クィーン


クィーンは1973年にデビューし、ブライアン・メイ (ギター、ボーカル)ロジャー・テイラー (ドラムス、ボーカル)フレディ・マーキュリー (ボーカル、ピアノ)ジョン・ディーコン (ベース)の4人で結成され、
今現在、フレディ・マーキュリーの死やジョン・ディーコンの脱退などありましたが、
元フリーのボーカリスト、ポール・ロジャースを迎え活動をしています。
2006年にも新生クィーンで来日もはたし、パワフルなステージを見せてくれました。
つい先日もニューアルバムを出したばかりです。
サウンドは、硬派なロックとソフトなメロディ、ドラマチックなバラードが魅力です。



#1[ボヘミアン・ラプソディ]


ボヘミアン・ラプソディはメロディクなオペラ風ポップバラード。
演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、そのままシングルカットされ
世界中で大ヒットした。本国イギリスでは9週連続1位を獲得し、
アメリカのビルボード誌では、1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。



A Night at the OperaA Night at the Opera
(1991/09/03)
Queen

商品詳細を見る





#2[ウィ・ウィル・ロック・ユー/ウィ・アー・ザ・チャンビオン]


ウィ・ウィル・ロック・ユー/ウィ・アー・ザ・チャンビオンは、両A面で発売され、
全英最高2位、全米最高4位の売り上げを記録し、クィーンのもっとも有名な曲になりました。
アルバム自体も大ヒットし、全英 4位 全米 3位になっています。
日本では数々のコマーシャルソングやテーマソングになっていますね。
みなさんもご存知のナンバーですね。



News of the WorldNews of the World
(2002/08/19)
Queen

商品詳細を見る




#3[地獄へ道づれ - Another One Bites The Dust]


地獄へ道づれ - Another One Bites The Dustはアメリカのビルボード誌では、
1980年10月4日に週間ランキング第1位を獲得。クイーン最大のヒット曲となった。
アルバムも全米で410万枚を売上げオリジナル・アルバムの中ではアメリカでの最大ヒット作品。
もっとも知られているのは、We Will Rock You とWe Are the Champions ですが、
いちばんヒットしたのはこの曲です。



The Game (+ Bonus Track)The Game (+ Bonus Track)
(1991/06/17)
Queen

商品詳細を見る








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

 60s70s80s...音楽の旅 トト(TOTO) 

70s80sRock...現在 名盤 名曲 トト


TOTO(トト)は、1977年にロサンゼルスのスタジオミュージシャンであります。
デヴィッド・ペイチ(Keyboards&Vocals) とジェフ・ポーカロ(Drums&percussion) を
中心に結成されたアメリカのロックバンド。メンバーはこの他にボビー・キンボール(Vocals)スティーヴ・ルカサー(Guitars&Vocals) デヴィッド・ハンゲイト(Bass Guitar&Guitars)で結成され、

何度かのメンバーチェンジをおこない、現在に至っていましたが、つい先日の7/23に
遂に解散を発表してしまったようです。まことに残念に思うしだいです。

今年の3月にはボズ・スキャックスとのジョイントで来日していたのに・・・
トトはスタジオミュージャンらしく、色々なジャンルの要素を含んだサウンドになっています。ロックからジャズの要素まであり幅広いと思います。


#1[ホールド・ザ・ライン]


ホールド・ザ・ラインはデビューアルバム宇宙の騎士からのシングルカット、
ビルボード誌のシングル・チャートで5位獲得しました。
私自身も、彼らの曲の中でこれはもっとも好きなうちのひとつにはいりますね。
ひとつひとつの楽器が違うことをしているのはジャズの要素がはいっていますね。
でもあくまでもロックですけれどね。



 アルバム情報は画像をクリック



#2[グッドバイ・エリノア]


グッドバイ・エリノアは1981年に発表されたアルバムターンバックに収録されシングルカットされた曲、
しかしこの曲はあまりヒットしませんでしたし、
アルバム自体も全米チャートでは最高でも41位と振るいませんでした。
日本ではもっとヒットしたような気がしますが、
アルバムはロック色の強い
内容になっています。個人的には好きなのですが。



> アルバム情報は画像をクリック



#3[ロザーナ]


ロザーナは、1982年に発表された聖なる剣(TOTO IV)のトップに収録された曲。
アップテンポなロックナンバーで、全米2位を獲得。
アルバムも全米4位を記録、グラミー賞で、レコード・オブ・ザ・イヤーや
アルバム・オブ・ザ・イヤーといった主要部門も含む6部門を受賞。
またほかにも、「アフリカ」が全米1位、、「ホールド・ユー・バック」が全米10位という大ヒットを記録し
トトの人気を決定的なものにしたのでした。
1984年全米年間トップ10はこちら


 アルバム情報は画像をクリック






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 ポリス (スティング)  

80sRock...現在 名盤 名曲 ポリス(スティング)


ポリス (The Police) はイギリスのロックバンドである。
1977年に結成、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍しました。
出身地は、 イングランド ロンドン でジャズバンドの経験を持つベーシストでボーカリストのスティング、
プログレッシブ・ロックの経験を持つドラマー、スチュワート・コープランド,
ギターリストのヘンリー(アンリ)・パドゥバーニの3人で結成。
数々の名曲をもち2007には再結成されて、日本公演もおこなわれ
大盛況ですごい価格のプラチナチケットもでていました。


#1[見つめていたい]


見つめていたいはなんといってもポリスの名曲中の名曲、一度は耳にしたのでは・・
1983年(Every Breath You Take) ビルボード誌シングルチャート8週連続1位を記録。
そしてこの年の年間1位にも輝いています。この曲がはいっている
5枚目のアルバム『シンクロニシティ』 (Synchronicity)(ビルボード誌アルバムチャート17週連続1位を記録)
3人の抜群のアンサンブルが大人気を呼んだ。とてもよい曲です、じっくり聴いてください。



アルバム情報は画像をクリック




HMVジャパン



#2[イングリッシュマン・イン・ニューヨーク]


イングリッシュマン・イン・ニューヨークは、スティングのソロの最高作でしょう。
ジャズの影響がより顕著で、すばらしい曲にしあがっています。
何もいうことはこざいません、じっくりと聴いてください。



ナッシング・ライク・ザ・サンナッシング・ライク・ザ・サン
(2008/08/02)
スティング

商品詳細を見る




ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリスザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
(1997/11/24)
スティングポリス

商品詳細を見る







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s...音楽の旅 ホリーズ、アニマルズ、ママス&パパス 

60s Rock・・・名盤 名曲 ホリーズ、アニマルズ、ママス&パパス



ホリーズ、アニマルズ、ママス&パパスは、60年代に活躍しヒットを飛ばしたグループです。
60sはビートルズやローリングストーンズばかりがめだちますが
こういったグループの曲もすばらしいものもたくさんあります。
今回は、彼らの代表曲を紹介したいと思います。60年代の空気がぷんぷんしてきます。


#1[バス・ストップ] ホリーズ 


ホリーズに世界的な名声を与えたのは、なんといってもこの曲、
イギリスとアメリカで同じ6月23日に、ともに5位にランクされるビッグ・ヒットとなった。
それまでは、アメリカでは今ひとつパットしなかったが、ここで制覇します。
哀愁のあるメロディは最高、いい曲だなあと、感心させられます。



ベスト・オブ・ホリーズ(紙ジャケット仕様)ベスト・オブ・ホリーズ(紙ジャケット仕様)
(2006/06/28)
ホリーズザ・ホリーズ

商品詳細を見る










#2[朝日のあたる家] アニマルズ


1963年、アニマルズは、イギリスのニューキャッスルでエリック・バードン(ヴォーカル)、
アラン・プライス(キーボード)、ヒルトン・ヴァレンタイン(ギター)、チャス・チャンドラー(ベース)、
ジョン・スティール(ドラム)の五人で結成。
ヒット曲は数多くありますが「The House Of The Rising Sun(朝日のあたる家)」はもっとも有名。
チャス・チャンドラー(ベース)はあのジミ・ヘンドリックスを見出したことでも知られています。
また、同じ時期に活躍していたこともあり、ビートルズのメンバーとも仲が良かっとのこと。



ザ・アニマルズザ・アニマルズ
(2005/10/05)
アニマルズ

商品詳細を見る




#3[夢のカリフォルニア] ママス&パパス


1965年にママス&パパスは結成されるやいなや、
デビューシングル『夢のカリフォルニア』が、いきなり全米4位の大ヒットとなりなりました。
この曲は、日本でもなんだったかなあ、ドラマの主題化になっていたような記憶があります。



ママス&パパス・ゴールドママス&パパス・ゴールド
(2008/09/03)
ママス&パパス

商品詳細を見る






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


関連記事

60s 70s 80s...音楽の旅 ボストン 

70s80s・・・現在 名盤 名曲 ボストン



ボストンは、1976年アメリカ、マサチューセッツ工科大学卒のトム・シュルツが
自宅のスタジオで作りあげた音源をもとに、レコードデビューし
新人アーティストとしては、デビューアルバムで1700万枚以上のセールスを記録したグループで
この記録はいまだに破られていません。
サウンドは、ハードロックにもかかわらず、たいへん美しくどの曲もシングルカットできるほどです。


#1[モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)]


モア・ザン・ア・フィーリング(宇宙の彼方へ)は彼らのデビューシングル
本当に美しい曲、ここ近年に日産のエルグランドのコマーシャルソングにもなっていました。
このアルバムも今なお売れ続けています。



このアルバムに入っています。
幻想飛行(紙ジャケット仕様)幻想飛行(紙ジャケット仕様)
(2006/07/19)
ボストン

商品詳細を見る



#2[ドント・ルック・バック] 


ドント・ルック・バックは1978年発売の曲、もちろんチャート1位を記録
同名のアルバムも同じく1位獲得しました。
とにかくこのアルバムは、聴きまくりましたね。このアルバムも今なお売れ続けています。



このアルバムに入っています。

ドント・ルック・バック(紙ジャケット仕様)ドント・ルック・バック(紙ジャケット仕様)
(2006/07/19)
ボストン

商品詳細を見る



#3[アマンダ]


アマンダはこの紹介している3曲のなかではいちばん美しい曲だと思います
もちろんチャート1位を記録。1986年発売でこれもまた驚異的セールスを記録。



このアルバムに入っています。

サード・ステージサード・ステージ
(2006/10/18)
ボストン

商品詳細を見る







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

60s70s80s...音楽の旅 エリック・クラプトン 

60s70s80s・・・現在 名盤 名曲 エリック・クラプトン 


エリック・クラプトンは、イングランドのリプリー出身のブルース、ロックのギタリストであり
63歳になった現在でもバリバリのトッブミュージシャンです。
ヤードバーズ、クリーム、デレク&ドミノス、などのクループのあとソロ活動にはいっています。
ビートルズのジョージ・ハリスンとは親友でもあります。


#1[いとしのレイラ]


いとしのレイラはご存知のとうり、彼の超代表作でデレク&ドミノス時代のもの、
今もなおステージでは演奏されています。
シングルはビルボード誌で、1972年8月5日に週間ランキング最高位の第10位を獲得 
1970年発売当時評判が悪く英国のチャートも振るわなかったが、
しかしその後発売されたロングーバージョンで大ヒットしました。
この曲は大親友であったビートルズのジョージ・ハリスンの妻パティ (Pattie)に
恋をしてしまい、その私的感情から生まれた曲、
それに対する曲がジョージのサムシングだったと記憶しています。



この曲が入っているアルバム

いとしのレイラいとしのレイラ
(2008/08/02)
デレク・アンド・ドミノス

商品詳細を見る



#2[コカイン] 


コカインはレイ・ダウン・サリーのB面として当時発売されましたが、
こちらのほうが有名。ステージでも必ずといっていいほど演奏されます。
アルバムはチャート最高順位2位(アメリカ) でした。



この曲が入っているアルバム
スローハンドスローハンド
(2006/06/21)
エリック・クラプトン

商品詳細を見る



#3[チェンジ・ザ・ワールド]


チェンジ・ザ・ワールドは1996年、映画フェノミナンのサウンドトラックとして発売され、
チャートは3位(アメリカ)16位(イギリス)でした。
日本でも、ケミストリーがカヴァーしたのは有名ですね。



この曲が入っているアルバム おすすめ!
ライフタイム・ベストライフタイム・ベスト
(2007/12/05)
エリック・クラプトンデレク&ザ・ドミノス

商品詳細を見る






ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


関連記事

60s 70s 80s...音楽の旅 ザ・ビートルズ 

60sRock 名曲、名盤 ザ・ビートルズ


ビートルズはイングランド、リバプール出身の4人組みのロックバンドです。
メンバーはジョン・レノン(G.) ポール・マッカートニー(B.) ジョージ・ハリスン(G.) リンゴ・スター(Dr.)で
世界中で最も広く知られ、最も成功したグループであります。
主に作詞作曲は、ジョンとポールですが、ジョージやリンゴも少し書いています。


#1[Let It Be]

Let It Beは、誰もが知っている有名な曲ですね。ピアノでひける方も多いことでしょう。
ヒットチャート最高順位は1970年 2位(イギリス) 1位(アメリカ) です。



この曲が入っているアルバム
レット・イット・ビーレット・イット・ビー
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



#2[All My Loving]

All My Lovingは、初期代表作のひとつで、
現在でもポールのライヴで演奏されるアップテンポなロックバラード。本当に美しいいい曲です。
残念ながらシングルカットは、されていませんが、ヒットチャートにもはいったんじゃないかな?
<ポール・マッカートニーについての記事はここから>



この曲が入っているアルバム
ウィズ・ザ・ビートルズウィズ・ザ・ビートルズ
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



#3[Hey Jude]

 

Hey Jude
誰もが知っている有名な曲何もいうことはございません・・
ヒットチャート最高順位は1968年 1位 (イギリス) 1位 (アメリカ)、 ちなみにこの曲はグラミー賞の候補
にあがったが、結局サイモンとガーファンクルにもっていかれたとのこと。



この曲が入っているアルバム
The Beatles 1967-1970The Beatles 1967-1970
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



#4[抱きしめたい]

 抱きしめたいは、初めて世界制覇した曲、それまではイギリス一部のヨーロッパが活躍の場でしたが、
この曲によってアメリカデビューをはたしました。
もちろんヒットチャートは米、英とも1位。



The Beatles 1962-1966The Beatles 1962-1966
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る



#5[Something]

Somethingはジョージ・ハリスン作曲によるナンバー。
これまで何曲もジョージの曲はあるのだが、
シングルA面になったのは1969年の実質上ラストアルバム出した頃がはじめてだった。
ヒットチャート最高順位 4位(イギリス)1位(アメリカ)。イエスタディの次にカバァーが多い。



この曲が入っているアルバム
アルバム情報は画像をクリック



ザ・ビートルズ CDボックス (16枚組セット)ザ・ビートルズ CDボックス (16枚組セット)
(1998/03/18)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


関連記事

60s70s80s... 音楽の旅 ブラックサバス 

70s80s... 現在 名盤 名曲 ブラックサバス


彼らは今のへビィメタルの元祖と言っていいほどの存在です。
デビューは1970年、通算10枚目のアルバム。

初代ボーカル、オジーオズボーンが脱退し、
元レインボーのロニージェイムスディオが新ボーカルとして加入した第1弾、
それまで低迷ぎみだったサバスをみごと復活させた大ヒットアルバムです。

とにかくロニーのボーカルはうまい、正統派、実力派です。
オジー時代のサバスも好きですが、
このアルバムはへビィメタルの教科書的アルバムだとおもいます。

ここ近年もこの時期のメンバーで再結成され来日もしました。
その映像も見ましたが、60歳を超えたロニーの声はすごいのひとこと、
いやーよくでるねー・・・ とにかく聴いてみてください

曲目                        メンバー

1 Neon Knights                 Bill Ward ( Drums )
2 Children Of The Sea             Ronnie James Dio ( Vocals )
3 Lady Evil                    Tony Iommi ( Guitar )
4 Heaven And Hell               Geezer Butler ( Bass )
5 Wishing Well
6 Die Young
7 Walk Away
8 Lonely Is The Word

Heaven and HellHeaven and Hell
(1990/10/25)
Black Sabbath

商品詳細を見る









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

60s70s80s... 音楽の旅 レッド・ツェッペリン 

60s70s80s...現在 名盤 名曲  レッドツェッペリン【レッドツェッペリン4 天国への階段】





遂にでましたハードロックの超大物バンド伝説のバンド。青春時代に燃えたツェッペリン!
とにかく、かっこいい、その一言が似合うバンドです。

1980年にメンバーのひとりジョンボーナムの死により解散してしまいましたが、
今なお輝きつづけています。

昨年一度だけ大きなイベントで1度再結成してライブをおこなったのは有名な話
日本の人気女優も見にいったとか。

で、このアルバムもロックの超名盤、
とくに天国への階段はあのカラヤンが絶賛したほどの名曲です。
他にはロックンロール、ブラックドック、などなどいい曲がそろっています。
ただ、ツェッペリンは、ハードロックの枠にとらわれがちですが、
枠をこえた、いろんなジャンルの曲もあります。

もちろんこのアルバムにもはいっています。

ロックンロールはコンサートのオープニングでよく演奏されていました。
ぜひ聴いてみてください。


レッド・ツェッペリンIVレッド・ツェッペリンIV
(2005/05/25)
レッド・ツェッペリン

1. ブラック・ドッグ. 04:54
2. ロックン・ロール. 03:40
3. 限りなき戦い. 05:52
4. 天国への階段. 08:00
5. ミスティ・マウンテン・ホップ. 04:38
6. フォア・スティックス. 04:44
7. カリフォルニア. 03:31
8. レヴィー・ブレイク. 07:08
商品詳細を見る




ロックンロール




天国への階段






おすすめ! 最新ベストアルバム
アルバム情報は画像をクリック







ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

関連記事

 60s70s80s 音楽の旅 ローリングストーンズ 

60s70s80s... 現在  ローリングストーンズ


ローリングストーンズの登場です。
ストーンズはビートルズとならんでイギリスの超2大バンドです。
ビートルズとは60年代はライバル関係にありました。

そのビートルズが70年に解散してからも今現在、何度かのメンバーの入れ替えもありましたが、
40年以上のキャリアをもつ大御所バンドです。

そのステージは、また゛まだパワフルです。つい2,3年前にも来日したと記憶していますし、
ことしニューアルバムもでています。

で、このアルバムはストーンズの入門書の様なものだとおもいます。とくにStart Me Up
Waiting For A Friendは、最高、とくにStart Me Upはステージでも
必ずといっていいほど演奏されています。ぜひ、きいてみてください


刺青の男刺青の男
(1994/08/31)
ザ・ローリング・ストーンズ

1. スタート・ミー・アップ
2. ハング・ファイアー
3. 奴隷
4. リトルT & A
5. 黒いリムジン
6. ネイバース
7. ウォリッド・アバウト・ユー
8. トップス
9. ヘヴン
10. 泣いても無駄
11. 友を待つ

商品詳細を見る



Start Me Up





Waiting For A Friend








ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


関連記事
カテゴリ
ブログランキング参加中
応援お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
PGS音楽市場

国内最大規模のミュージシャン・オフィシャル・グッズ販売サイト 定番アイテムから超レアな一点ものまで 50000アイテム掲載!
ツタヤのネット宅配レンタル

24時間インターネットで
DVDの予約OK!
ご自宅のポストまで
送料無料でお届けします!
返却はポストへ投函するだけ!
(延滞料0円!)
通販サイト アマゾン

日用品から音楽まで、 なんでもそろう 国内最大級の通販サイト
sony shop
Sony Music Shop
おすすめリンク
最新トラックバック
My Alubum My Favorite

ページランク表示ツール
キーワード・アドバイツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。